宮園身障二種免協会

宮園身障二種免協会”の活動 ~ 交通安全祈願

トップ > 協会の活動 > 新年交通安全祈願
新年交通安全祈願:二種免協会の新年はここから始まる

新年交通安全祈願

二種免協会の新年はここから始まります

何台ものタクシーを並べて神主さんからお祓いを受ける準備をしている写真

宮園身障二種免協会の一年は、杉並に鎮座する大宮八幡宮で行う新年交通安全祈願から始まります。

東京の重心にあることから「東京のへそ」、中心にパワーが集まるパワースポットとされ、「小さなおじさん」と呼ばれる妖精を見た人は幸せになれるとの都市伝説にも取り上げられる境内に会員が集まります。
(残念ながら目撃したことはありませんが・・・)

祭事では拝殿に上がり、ご祈祷・巫女神楽を奉納しお札を頂きます。神聖なお札は会員一人一人に手渡されます。その後タクシー車両のお祓いを受け、今年一年の交通安全を祈願します。
なおらいを受ければ祈願祭は終了です。

新年初顔合わせ

懇親会での会食で乾杯している写真

祈願祭の後は、壮麗な風格の「清涼殿」に場所を移します。

清涼殿は、大宮八幡宮境内南参道を進んだ広大な杜の中にあり、結婚披露宴などが行われる荘厳な風格の建物です。会員一同が集まり、会食を交わしながら懇親を深めます。

お酒を飲まれる方もいらっしゃいますが、この後運転される方はもちろんご遠慮頂きます。一人一人のプロドライバーとしての自覚があるので心配はいりません。


Contents【協会の活動】

ページのトップへ戻る