ジャパタク・フォローアップ研修

ジャパンタクシーの車いす乗車拒否問題。テレビでもネットでも取り上げられ、あえてここではあえて言いませんが、タクシー関係者ならもっともな、その根幹にある課題は置き去りにして問題視されています。
東京オリンピック・パラリンピックで海外から大勢のお客様を迎えるにあたり、車いすユーザーにも世界一の東京のタクシーを快適にご利用いただく目標達成には、この車をで営業するタクシー乗務員の「心のバリアフリー」と「介助技術」に頼るところが多いことは明らかですが、2020年はもう目の前ですから解決を急がなくてはなりません。

スロープ設置の確認をしている写真
ジャパタク・フォローアップ研修

先週12月4日、6日に、ジャパタク・車いす乗車フォローアップ研修が行われたので、参加してきました。
6日は8名の参加者が集まり乗車手順の確認が行われましたが、忘れてしまっていた部分もあり、このような機会があれば継続して参加する必要性を思い知らされました。

今回のメンバーのタクシーなら、乗車地降車地に安全な作業スペースが確保できること、多少時間がかかってもお待ちいただけることの2つの条件をのんでいただければ、車いす乗車を拒否することはないでしょう。

と同時に、先ほど根幹に課題があるとした問題が解決すれば、乗車拒否問題は解決に向け加速するはずなのですがね。
この課題には卵と鶏のような側面があるのですが…。

2019年4月にJPN TAXIスロープ改善

ジャパンタクシーによる車いすユーザー乗車拒否問題はひとまず置いておいて、スロープ設置に時間がかかる問題も各所で話題に上ります。

また、スライドドアの動作に時間がかかり、ドアが閉まりきる前に発進して「怖い」とクレームを受けたり、反対に締まるのを待っていると「早く発進しろ」と怒られたり、こちらも難しい対応に迫られます。

これらへの対応がされるという具体的情報は得ていたものの公表してよいものかわからずいましたが、2018年11月22日の朝日新聞に「トヨタJPNタクシー、車いすに優しく 五輪へカイゼン」と記事があったので、ブログでも取り扱ってみます。

2段階の改良

スロープの問題について、トヨタ自動車さんには単に「スロープ設置に時間がかかる」というのではなく、具体的に「2分割のスロープの1枚目を長くすればNo.2のスロープを準備しないで乗車できる場面が増える」とお願いをしてきましたが、スロープ延長で対応いただけることが決まりました。
設置時には横幅がもっと増えてしまう問題はありますが、割り切りは必要だと考えています。
地域によっては「改善になってない(いや改悪だ)、という意見も出るかもしれませんが、全ての希望を取り入れるのは小さなタクシー車両では不可能だと思っています。

なおスロープの改良については2段階あります。
来年4月から納車されるものは、車両との接続方法もかわるので現行のスロープと互換性がありません。
既に納車済みのジャパンタクシーが約8,000両あり、こちらはいわゆる神奈川トヨタ方式を標準として、2枚のスロープをつなぐ安全ピンの部分を操作しやすく改良したものへと交換され、2019年1月に実施されるということです。(すごい経費となるでしょうから、トヨタさんの本気を感じます)

神奈川トヨタ方式
そして、4月からは長さ約1.1m、2つ折りになったスロープが搭載された車両の納車が始まるのです。
ただし「UDタクシーレベル1」の条件(スロープの角度14°)を満たすために、短い2枚目のスロープがあります。

そのほか、病院など車いすユーザーの乗降が多い場所には設置型のスロープが準備される情報もあり、車いすのまま乗車する環境は少しずつ良くなっています。
乗車拒否の問題を改善するのはタクシー業界と乗務員にあるので、しっかりと対応しなくてはいけませんね。

スライドドアのスピードアップについては、後日取り上げたいと思います。

平成最後の忘年会

あいさつする伊澤会長の写真
伊澤会長の挨拶から始まった

師走が近づくにつれタクシー業界は活気づきます。
お酒の席が増えるこの季節、タクシーを利用されるお客様も増える繁忙期を迎えます。
ですから、私たち身障二種免協会の忘年会は11月に行われるのが恒例で、OBの先輩方も大勢集まっていただき、先週の土曜日(平成30年11月24日)大盛況となりました。

冒頭の伊澤会長の挨拶では「今年は、小泉さんと高橋さんの新メンバー2名を迎えることができ、賛助会員として須藤さんも加わった」と紹介がありスタートしました。
また、第2代会長の島田良三さんからは、作家の影尾光紀さんの力を借りて自伝を作成中との報告があり、完成が楽しみです。

JPNはコンフォートとくらべ

JPNとコンフォートのサイズ比べのイラスト
不許複製(無断転用は絶対にダメ!)

営業所の若手運行管理者がこんなものを作ってくれました。
新世代タクシーであるJPNタクシーと、これまでのタクシーの標準であるクラウンコンフォートのサイズ比較です。

セダン型からジャパンタクシーに乗り換えると随分と運転感覚が違うもので、ぶつけたりしないようにとの心遣いです。
今時、手書きで切り張りとは味がある!
左ミラーがないのはなぜ?

  • 運転席からフロントまでの長さは「35cm」も短くなっています。前方にイメージを置かないと後輪が残ってしまうのです
  • ノーズの高さは「11cm」高くなって前によりにくいかも?
  • 地上高は「3cm」低くなっています。
  • ホイルベースは「7cm」長いです。最小回転半径は「30cm」ほど大回りです。
  • 全長は「19cm」短くなったのにハンドルはキレない!? コンパクトサイズになったので小回りが効くとは限らないのです!
  • 車高は「175cm」、行燈を入れると「2m」 マンション駐車場などは1.9mなんてあるので注意です。
  • ハイブリッドのためNニュートラルだと充電されないので、従者時はPパーキングで!

小さなスイッチにも要望が生まれます

日本だけのおもてなしであるタクシーの自動ドア、これまでのセダンタイプではレバーによる手動式が主流でした。
これは、上に引き上げると開き下げると閉じる、長さがあるレバーのおかげで軽い力で操作できる良くできたものでした。

スライドドアスイッチの写真
JPN TAXI スライドドアスイッチ

今後導入されるジャパンタクシーについては、電動式のスライドドアが標準装備です。
ドアトリムにあるスイッチを、指先で押し下げ続けると開き、引き上げる続けると閉まります。
スイッチ自体が重いことはありませんが、この「続ける」という操作が、手指の力が弱い人にとって負担となります。
下げる時は腕の重さで何とかなるのですが、特に引き上げ続けることが難しいのです。

シーソー式のパワーウインドゥスイッチの写真
シーソー式つまみスイッチ

パワーウインドゥが出始めてからしばらくの間、このスイッチはシーソー式のつまみが採用されていたように記憶しています。
けれども、この構造には誤操作を生じてしまう危険が潜み、腕のヒジなどが触れてしまった時に意図せず閉まるという問題から最悪挟み込み事故となるのです。
現在のスイッチが、閉める時に引き上げる仕様になっているのは、この事故を防ぐためだと考えられます。
スイッチから指を放せば止まるように、AUTO機能が無いのもドア挟み込みという重大事故を防ぐには仕方のないことでしょう。
しかし、障害によって操作が困難な立場とすれば、何とかならないものかと期待します。
シーソー式なら、腕の重さを使ってどちらにも押し続けることができるのです。

自家用車であれば、つまみの代用品を接着剤やビスで付ければ済むのですが、タクシーの場合はいろいろな人が乗務するので、誰が使ってもトラブルとならない改造が求められます。
会社の整備工場でも検討して頂いているので、そのうちに解決策が見つかるかもしれません。

フジオートさんとの相互リンクが決まりました

http://www.fujicon.co.jp/
Link:フジトート(FUJICON)ホームページ

自動車運転補助装置の(有)フジオートさん(本社:東京都小金井市)といえば、身障ドライバーにとって症状に合わせた各種補助装置を提供していただける会社として、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジャパンタクシーの左アクセルと手動サイドブレーキの改造もフジオートさんにお願いしましたが、昨日ウェブページの相互リンクの提案をしたところ快く受けて頂き、さっそく宮園身障二種免協会のトップページに“バナーを勝手に作成して”リンクを張らせて頂きました。


フジオートの創業者である藤森善一さん( 大正4年-昭和61年)は、 昭和28年5月25日未明 の事故が原因で両足を切断、これをきっかけとしてたぶん日本初であろう手動運転装置を完成させたのですが、当時の道路交通法が立ちはだかり、運転免許を失効してしまします。
それでも諦めきれない藤本さんは、 警察や陸運局へ何度も通って免許制度の改正を訴え続け 、ついに 昭和35年12月、道路交通法が改正されて身障者にも運転免許取得の道が開かれたということです。

タクシー乗務員に必要な二種免許の取得が可能となったのが昭和49年のことで、そこから日本初の身障タクシードライバーとして活躍した 白井仁志 さんの話に続くのですが、その原点として藤森さんの健闘があってのことかと思うと感慨深いものがあります。
藤森さんがいたからこそ、今の我々身障タクシードライバーがいるのです。

藤森さんは、
「ただひとつの心配は、“教え子”たちが事故でも起こせば「身障者には危なくて免許をやれない」といわれること。この人たちを東京に集め「君たちが事故を起こせば全国の身障者の免許取得の道は閉ざされてしまう」と、事故防止を強調し続けている。(昭和39年8月24日 朝日新聞:フジオートさんのパンフレットより引用)
との言葉を残しています。

昭和37年11月に、長野県小布施町に身障者専門の自動車教習所を立ち上げ、当時の思いが綴られているものと思われますが、宮園身障二種免協会創設の根源である、「身障ドライバーが交通事故を起こして障害者を作ってはならない」という誓いにも通じます。

詳細は、フジオートさんのウェブサイトの「フジコンのルーツ」のページをご覧下さい。

勉強会を開催しました

10月13日(土曜日)に、宮園身障二種免協会主催の勉強会が開催されましました。
テーマは、「JPN TAXIの車イス乗車について」、身体に障害のあるドライバーにとって、一番難しい問題のひとつです。

スロープ乗車の実技で説明を真剣に聞き入るメンバーの写真
乗降時の注意点に聞き入るメンバー

私たち身障タクシードライバーが、車イスユーザーをスロープを押し上げて乗車する介助は、できる人もいる半面、 身体状況により不可能な場合は他のタクシーを手配するしかありません。
しかし、そのような場合でも乗車介助の方法を全く知らないのでは、自分たちの障害を理由に乗車拒否をしていることにもなりかねないと思うのです。
それは私達の本意ではなく、今回の勉強会は車いす乗車の申込があったことを想定して、実技(手順)を学ぶことが今回の勉強会の目的です。

「福祉のみやぞの」とも呼ばれる私達の会社には、普段から車いす乗車の実技指導をしているエキスパートが2名います。
この二人と、ケア輸送士の資格を持つY氏も加わり、講習は実践さながらに進められます。
できるところは自分たちも実際にやりながら、あっという間に予定の時間を超過してしまう、熱のこもった実技勉強会でした。

自分が体験するのも大事

驚いたことに、普段は歩行に杖が欠かせないのに、一人で全部をこなしてしまう身障ドライバーも現れ、乗降場所の状況やお客様の体重など、条件が揃えば本番でも乗車介助が出来そうに思えます。
スロープの設置さえできれば、電動車いすの方は自分で上ることができるので、より可能性は広がりそうなことも分かりました。

その後は、昼食を摂りながらの座談会です。
ここでは、ジャパンタクシーの話題だけでなく、営業のことなど何でも自由に意見を交換します。
未経験で入社された新メンバーから、地理の覚え方について「1日の走行経路と時間が記録される無料のスマホアプリ(Google Maps タイムライン)」があり、これを復習に役立てていると報告がありました。
昔は、運転日報のコピーと地図とをニラメッコしながら復習したものですが、新しい物を便利に使って行く大切さを改めて確認できました。

座談会の時間もあっという間に過ぎ、来月の忘年会の日程が発表されて終会です。
そう、タクシードライバーにとって12月は稼ぎ時! ちょっと早めの忘年会は毎年11月と決まっているのです。

第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018に行ってきました

先週、3日間にわたり東京ビックサイトで開催された、国際福祉機器展に行ってきました。
タクシー輸送に関わる者の一人として、福祉車両と車いすなどの最新情報を得ることが目的です。(介護福祉の分野は素通りです、ごめんなさい)

会場の規模について去年より拡大されているように感じましたが、福祉車両のリフトや車イス固定装置、固定ベルトなど、パーツを開発製造するメーカーのブースを見かけることが殆どなくなったことに、時代の流れを感じます。
それらを架装する会社も激減していて、これらは全てトヨタやホンダなど自動車メーカーがあらかじめ架装した車を販売するようになりました。
二種免協会が発足した40年前では考えられない進歩です。

ジャパンタクシーの左アクセル改造を行っていただいたフジオート(FUJICON)さんのブースでは、電動スライドドアのスイッチについて相談してみました。
1日に何十回と操作が必要な スイッチを、押し続けたり、とくに閉める時は引き上げ続けなくてはならないので、 握力や指の力が弱いと負担が大きいのです。
スイッチの形状変更やロックするタイプのスイッチの増設、左側に増設するなど提案を頂きましたが、自家用車と違って他の人が運転する状況を想定して、誤操作による事故が起きてはならないので、同行していた整備の責任者と要検討です。

車いすについては色々な改善があり、トヨタさんのウェルチェアは自動車での移動で使うことが前提の設計ですが、他メーカーにも普及するとタクシーに乗っての外出がもっと楽になるのでしょう。

ハンドル型電動車いすでビックリしたのが、ヤマハのYNF-01というモデルです。
さすが二輪車メーカーが作った電動で、デザイン、走行性能ともに「格好いい!」と思わず声が出ます。
しかし、急な雨の時にこれでUDタクシーに乗せてほしいといわれても、絶対に対応できない構造ですけどね・・・。

ユニバーサルタクシー試乗会(in荒川区)

荒川やさしい街づくりの会パンフレット

10月7日(日曜日)に、荒川やさしい街づくりの会主催の「ユニバーサルタクシー試乗会(勉強会)」に参加しました。
10月というのに30°を軽く越える猛暑日となましたが、20名程が”アクロスあらかわ”に集まり、ジャパンタクシーの特徴と欠点について意見交換と、スロープからの乗車を体験しました。

荒川やさしい街づくりの会は、肢体不自由者の団体として25年以上にわたり、駅や道路、建物などのバリアフリー調査を実施しており、フル電動・簡易電動の車いすで、流しのジャパンタクシーに乗車された経験を持つ方の意見がたくさん聞けました。


やはり、乗車拒否の問題は多発しているようです。
土地柄もあり、都心部と比べるとまだ台数が少なく、ジャパンタクシーを呼び止めるのも大変ですが、乗務員と目が合ってもそのまま通過され、やっと乗れたのは6台目という痛い結果をうかがい、申し訳なく思います。

また、比較的大型のフル電動の車イスで、横向き乗車(固定なし・シートベルトなし)の報告もありましたが、この方の車イスはフットレストが可動式で、全長を短くすれば車内で回転も可能で、前向き乗車もされたということです。
他にも両足装具の簡易電動車イスのユーザーで、そのままでは車内で回転できないけれど、同じくフットレスト(フットサポート:足板)をたためば前向き乗車が可能であるなどが分かり、電動車イスであっても乗車場所などの条件が整えば、ジャパンタクシーに乗車出来るということが明確になったのは成果であり、工夫による乗車の可能性が高まることを前向きに捉えなくてはなりません。

車イスユーザーからは乗車が簡単なNV200の普及が望まれている声も聞きましたが、何故NV200が普及しないのか、その他のお客様にも受け入れられる車両でなくては普及が進まないということを多くの方が理解されていると感じます。

大切な事は、今まで予約しなくてはタクシーに乗れなかった車イスユーザーが、街中で呼び止めて乗車出来るようになること、福祉タクシーではなくて一般タクシーを共用しなくては出来ないことがたくさんあるということです。
「車イスユーザーにとっての夢であった」ことが実現に向けて一歩を踏み出したこと。それには、車イスユーザー側もジャパンタクシーにダメ出しするのではなく、視界の良さや乗り心地など良い点は「ここが良い」と認め、スロープ乗車に係わる不便な点については「建設的な改善要求」を行う必要があるということです。
そして、タクシーを運行する我々も、メーカーも同じように受け止めることだと思います。

2020年、東京オリンピック・パラリンピックまでに、東京のタクシーがどう変わっていくのか、楽しみです。



第16回東京無線接客サービスコンテスト

東京無線では、ブロック制で接客の技術を競う「接客サービスコンテスト」を開催していますが、9月11日~12日の二日間にわたり杉並ブロックの予選会が開催されました。

ハイグレードタクシーで仕事をするためのタワーリーダー資格を取得する登竜門であるコンテストに、今年は当営業所から7名の選手がエントリーしました。

競技は以下のシナリオで行われました。
流し営業中に荷物を持った旅行者からの乗車申込があり、荷物をトランクにお預かりするトランクサービスから乗車のご案内をするドアサービスと、隙のない接客サービスが披露されます。
そして進行すると前方に横断歩道上に停車してお客様をお乗せしている他のタクシーが現れ、お客様からタクシーのマナーが悪いと苦言がされます。

自分へのクレームでなく、他車のマナーへのクレームにどのように対処するか、接客テクニックの見せ所です。
単に同調するでもなく、タクシー全体のレベルアップのための会話が出来るでしょうか!?
この乗務員さんの対応に、最後はチップまで頂けましたので、お客様を納得させる素晴らしい対応が披露されたと読み取れます。

今回は、身障二種免協会からの選手はいませんでしたが、競技を応援することで接客の大切さを再確認できました。