消費税率改定でタクシー運賃はどうなる?

 タクシー運賃を会社が勝手に決めることができず、認可を受けなくてはなりません。ですから、「〇〇セール!全品〇〇パーセントOFF!」のような、値引きは法令違反で許されず、どのタクシーに乗っても原則として地域ごとに運賃は同じとなっています。
その運賃の決め方ですが、上限・下限が定められた公定幅運賃の中から、タクシー会社ごとに届け出をして認可を受けます。

令和元年10月1日に実施される消費税率10%への変更に伴い、8月30日に吉田晶子運輸局長名で「一般乗用旅客自動車運送事業の公定幅運賃の範囲の指定について」の一部改正についてが公示されました。

一般的なタクシーである中型車(特別区・武三交通圏)は

    
  距離運賃制 時間距離併用制
初乗り運賃1,052m 加算運賃
A(上限運賃) 420円 233m 80円 1分25秒 80円
B運賃 410円 239m 80円 1分30秒 80円
C運賃 400円 245m 80円 1分30秒 80円
下限運賃 390円 251m 80円 1分30秒 80円

となっています。

安けりゃ安い方が良いのは当たり前ですが、私たちの給料に直結する問題でもあり、通常はどの会社もA上限運賃を選択して届け出ると思われます。(消費税2%アップ分ですから、給料が上がるわけじゃないですね)

ですから10月1日以降は、
初乗り:420円/1,052m(現行:410円1,052m)
加算:80円/233m(現行:80円/ /237m )

となることが想定できます。

外国人のタクシードライバー事情

外国の方がタクシー乗務員として働き、在留資格を得るのはとても難しいのですが、最近になって在留資格に係る告示改正が行われ、少しだけハードルが下がったようです。

日本の4年制大学/大学院(短大は除く)を卒業した留学生は、日本文化の良き理解者として、在学中に修得した知識や語学力を生かした業務に就くことができるようになり、サービス業であるタクシーについても就職が認められるようになったのです。

出入国在留管理庁のガイドラインの活動例には、

タクシー会社に採用され、観光客(集客)のための企画・立案を行いつつ、自ら通訳を兼ねた観光案内を行うタクシードライバーとして活動するもの(それに併せて、通常のタクシードライバーとして乗務することを含む。)。
※ 車両の整備や清掃のみに従事することは認められません。

観光客のための企画・立案って何だろう? 観光案内を行うタクシードライバーって観光タクシーのことだとしたら、東京シティーガイド検定は難関だぞ(ガイド料もらわなければば必要ないのかな?)良くわかりませんが、この制度を活用してタクシードライバーデビューする外国籍の方が現れるということですね。

そうそう、二種免許の取得や地理試験など、高い日本語会話力があっても難しい試験もありますね。

桜咲き、新入社員を迎える季節です

4月1日に、宮園も新卒の新入社員を迎え、東京無線で合同入社式を行いました。

⇒ 東京無線ホームページへのリンクはこちら

中途入社が主流のタクシー業界で、東京無線としては新卒採用に初めて取り組んだ第1期生と聞いています。

身障ドライバーの新卒採用も行っているので、20卒の皆さんエントリーをお待ちしています。
当ホームページの応募フォームからご連絡ください。