2019年4月にJPN TAXIスロープ改善

ジャパンタクシーによる車いすユーザー乗車拒否問題はひとまず置いておいて、スロープ設置に時間がかかる問題も各所で話題に上ります。

また、スライドドアの動作に時間がかかり、ドアが閉まりきる前に発進して「怖い」とクレームを受けたり、反対に締まるのを待っていると「早く発進しろ」と怒られたり、こちらも難しい対応に迫られます。

これらへの対応がされるという具体的情報は得ていたものの公表してよいものかわからずいましたが、2018年11月22日の朝日新聞に「トヨタJPNタクシー、車いすに優しく 五輪へカイゼン」と記事があったので、ブログでも取り扱ってみます。

2段階の改良

スロープの問題について、トヨタ自動車さんには単に「スロープ設置に時間がかかる」というのではなく、具体的に「2分割のスロープの1枚目を長くすればNo.2のスロープを準備しないで乗車できる場面が増える」とお願いをしてきましたが、スロープ延長で対応いただけることが決まりました。
設置時には横幅がもっと増えてしまう問題はありますが、割り切りは必要だと考えています。
地域によっては「改善になってない(いや改悪だ)、という意見も出るかもしれませんが、全ての希望を取り入れるのは小さなタクシー車両では不可能だと思っています。

なおスロープの改良については2段階あります。
来年4月から納車されるものは、車両との接続方法もかわるので現行のスロープと互換性がありません。
既に納車済みのジャパンタクシーが約8,000両あり、こちらはいわゆる神奈川トヨタ方式を標準として、2枚のスロープをつなぐ安全ピンの部分を操作しやすく改良したものへと交換され、2019年1月に実施されるということです。(すごい経費となるでしょうから、トヨタさんの本気を感じます)

神奈川トヨタ方式
そして、4月からは長さ約1.1m、2つ折りになったスロープが搭載された車両の納車が始まるのです。
ただし「UDタクシーレベル1」の条件(スロープの角度14°)を満たすために、短い2枚目のスロープがあります。

そのほか、病院など車いすユーザーの乗降が多い場所には設置型のスロープが準備される情報もあり、車いすのまま乗車する環境は少しずつ良くなっています。
乗車拒否の問題を改善するのはタクシー業界と乗務員にあるので、しっかりと対応しなくてはいけませんね。

スライドドアのスピードアップについては、後日取り上げたいと思います。

平成最後の忘年会

あいさつする伊澤会長の写真
伊澤会長の挨拶から始まった

師走が近づくにつれタクシー業界は活気づきます。
お酒の席が増えるこの季節、タクシーを利用されるお客様も増える繁忙期を迎えます。
ですから、私たち身障二種免協会の忘年会は11月に行われるのが恒例で、OBの先輩方も大勢集まっていただき、先週の土曜日(平成30年11月24日)大盛況となりました。

冒頭の伊澤会長の挨拶では「今年は、小泉さんと高橋さんの新メンバー2名を迎えることができ、賛助会員として須藤さんも加わった」と紹介がありスタートしました。
また、第2代会長の島田良三さんからは、作家の影尾光紀さんの力を借りて自伝を作成中との報告があり、完成が楽しみです。

JPNはコンフォートとくらべ

JPNとコンフォートのサイズ比べのイラスト
不許複製(無断転用は絶対にダメ!)

営業所の若手運行管理者がこんなものを作ってくれました。
新世代タクシーであるJPNタクシーと、これまでのタクシーの標準であるクラウンコンフォートのサイズ比較です。

セダン型からジャパンタクシーに乗り換えると随分と運転感覚が違うもので、ぶつけたりしないようにとの心遣いです。
今時、手書きで切り張りとは味がある!
左ミラーがないのはなぜ?

  • 運転席からフロントまでの長さは「35cm」も短くなっています。前方にイメージを置かないと後輪が残ってしまうのです
  • ノーズの高さは「11cm」高くなって前によりにくいかも?
  • 地上高は「3cm」低くなっています。
  • ホイルベースは「7cm」長いです。最小回転半径は「30cm」ほど大回りです。
  • 全長は「19cm」短くなったのにハンドルはキレない!? コンパクトサイズになったので小回りが効くとは限らないのです!
  • 車高は「175cm」、行燈を入れると「2m」 マンション駐車場などは1.9mなんてあるので注意です。
  • ハイブリッドのためNニュートラルだと充電されないので、従者時はPパーキングで!