フジオートさんとの相互リンクが決まりました

http://www.fujicon.co.jp/
Link:フジトート(FUJICON)ホームページ

自動車運転補助装置の(有)フジオートさん(本社:東京都小金井市)といえば、身障ドライバーにとって症状に合わせた各種補助装置を提供していただける会社として、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジャパンタクシーの左アクセルと手動サイドブレーキの改造もフジオートさんにお願いしましたが、昨日ウェブページの相互リンクの提案をしたところ快く受けて頂き、さっそく宮園身障二種免協会のトップページに“バナーを勝手に作成して”リンクを張らせて頂きました。


フジオートの創業者である藤森善一さん( 大正4年-昭和61年)は、 昭和28年5月25日未明 の事故が原因で両足を切断、これをきっかけとしてたぶん日本初であろう手動運転装置を完成させたのですが、当時の道路交通法が立ちはだかり、運転免許を失効してしまします。
それでも諦めきれない藤本さんは、 警察や陸運局へ何度も通って免許制度の改正を訴え続け 、ついに 昭和35年12月、道路交通法が改正されて身障者にも運転免許取得の道が開かれたということです。

タクシー乗務員に必要な二種免許の取得が可能となったのが昭和49年のことで、そこから日本初の身障タクシードライバーとして活躍した 白井仁志 さんの話に続くのですが、その原点として藤森さんの健闘があってのことかと思うと感慨深いものがあります。
藤森さんがいたからこそ、今の我々身障タクシードライバーがいるのです。

藤森さんは、
「ただひとつの心配は、“教え子”たちが事故でも起こせば「身障者には危なくて免許をやれない」といわれること。この人たちを東京に集め「君たちが事故を起こせば全国の身障者の免許取得の道は閉ざされてしまう」と、事故防止を強調し続けている。(昭和39年8月24日 朝日新聞:フジオートさんのパンフレットより引用)
との言葉を残しています。

昭和37年11月に、長野県小布施町に身障者専門の自動車教習所を立ち上げ、当時の思いが綴られているものと思われますが、宮園身障二種免協会創設の根源である、「身障ドライバーが交通事故を起こして障害者を作ってはならない」という誓いにも通じます。

詳細は、フジオートさんのウェブサイトの「フジコンのルーツ」のページをご覧下さい。

第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018に行ってきました

先週、3日間にわたり東京ビックサイトで開催された、国際福祉機器展に行ってきました。
タクシー輸送に関わる者の一人として、福祉車両と車いすなどの最新情報を得ることが目的です。(介護福祉の分野は素通りです、ごめんなさい)

会場の規模について去年より拡大されているように感じましたが、福祉車両のリフトや車イス固定装置、固定ベルトなど、パーツを開発製造するメーカーのブースを見かけることが殆どなくなったことに、時代の流れを感じます。
それらを架装する会社も激減していて、これらは全てトヨタやホンダなど自動車メーカーがあらかじめ架装した車を販売するようになりました。
二種免協会が発足した40年前では考えられない進歩です。

ジャパンタクシーの左アクセル改造を行っていただいたフジオート(FUJICON)さんのブースでは、電動スライドドアのスイッチについて相談してみました。
1日に何十回と操作が必要な スイッチを、押し続けたり、とくに閉める時は引き上げ続けなくてはならないので、 握力や指の力が弱いと負担が大きいのです。
スイッチの形状変更やロックするタイプのスイッチの増設、左側に増設するなど提案を頂きましたが、自家用車と違って他の人が運転する状況を想定して、誤操作による事故が起きてはならないので、同行していた整備の責任者と要検討です。

車いすについては色々な改善があり、トヨタさんのウェルチェアは自動車での移動で使うことが前提の設計ですが、他メーカーにも普及するとタクシーに乗っての外出がもっと楽になるのでしょう。

ハンドル型電動車いすでビックリしたのが、ヤマハのYNF-01というモデルです。
さすが二輪車メーカーが作った電動で、デザイン、走行性能ともに「格好いい!」と思わず声が出ます。
しかし、急な雨の時にこれでUDタクシーに乗せてほしいといわれても、絶対に対応できない構造ですけどね・・・。

第16回東京無線接客サービスコンテスト

東京無線では、ブロック制で接客の技術を競う「接客サービスコンテスト」を開催していますが、9月11日~12日の二日間にわたり杉並ブロックの予選会が開催されました。

ハイグレードタクシーで仕事をするためのタワーリーダー資格を取得する登竜門であるコンテストに、今年は当営業所から7名の選手がエントリーしました。

競技は以下のシナリオで行われました。
流し営業中に荷物を持った旅行者からの乗車申込があり、荷物をトランクにお預かりするトランクサービスから乗車のご案内をするドアサービスと、隙のない接客サービスが披露されます。
そして進行すると前方に横断歩道上に停車してお客様をお乗せしている他のタクシーが現れ、お客様からタクシーのマナーが悪いと苦言がされます。

自分へのクレームでなく、他車のマナーへのクレームにどのように対処するか、接客テクニックの見せ所です。
単に同調するでもなく、タクシー全体のレベルアップのための会話が出来るでしょうか!?
この乗務員さんの対応に、最後はチップまで頂けましたので、お客様を納得させる素晴らしい対応が披露されたと読み取れます。

今回は、身障二種免協会からの選手はいませんでしたが、競技を応援することで接客の大切さを再確認できました。

東京交通新聞に掲載されました。

東京交通新聞(平成30年6月25日)の個人タクシーワイド版 読者@サロンに、当協会のメンバーである冨田朝人さんが紹介されました。

冨田さんは13年間宮園に勤務され、つい最近個人タクシーを開業されたばかりです。
宮園身障二種免協会の目的の一つに「個人タクシー開業支援」があり、現在13名の個人タクシーの方と、タクシーOBが会員として名を連ねています。

アーカイブ「バリアフリー 寄り添う事から」のページを追加して、新聞掲載内容をご紹介します。

鉄道身障者の方々とお知り合いになりました

社会福祉法人 鉄道身障者福祉協会は、国鉄(JR)で勤務中に受けたケガにより障害を負った方々の団体です。
当協会の公式ホームページをご覧頂き、タクシーに身障ドライバーがたくさん働いていることを知って、ご連絡を頂きました。

鉄身協が出版する雑誌「リハビリテーション」は、昭和28年6月の創刊された身障者問題の専門誌として年10回発行されています。

そして今回「リハビリテーション第604号」に宮園身障二種免協会を掲載していただけることになりました。

購読希望の方は、鉄道身障者福祉協会のホームページに注文方法があります。

AIタクシーって?人工知能で何をやるの?

2018年3月15日よりAIタクシーの導入が始まり、宮園自動車では4月1日現在60台(東京無線全体で1,350台になる予定)のタクシーに搭載されました。

「AIタクシー」とは、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果を車載のタブレットに表示される仕組みです。

タクシーの需要は、時間や天候、周辺施設でのイベントなど様々な要因により変化する人の流れにより変動しますが、ベテランドライバーは経験や研究からタクシーの需要が多い場所を割り出し、そこにクルマを向けることで営業成績を上げています。
必ずしも人が多い=需要が多いとは限ら無いのが難しいところで、稼ぐドライバーは分単位で目標を変え、実車率(乗車中:空車)をあげています。

これって、お客様から見ても重要なことで、目の前に空車タクシーが近づいて来れば、電話やスマホで呼ばなくても待ち時間ゼロで乗車できるということです。

AI端末搭載車は、経験の浅い乗務員を中心に配車され、成果を上げています。

新型運賃メーターが導入されました

新型運賃メーター(YAZAKI アロフレンド27)への入れ替えが全車修了しました。

カラー液晶画面でお客様に分かりやすく、操作する側にとっても画面にその時必要な機能が表示されるので、使いやすくなりました。

身多々タクシーメーターの写真実車ボタンや高速ボタンなど指先の感触で操作する必要があるボタンは機械式、停車時に操作するボタンはタッチパネル式になっています。

また、同時に自動日報システムが導入されました。

タクシーの営業では乗車地と降車地や時間などの記録が必要で、今まで全てを手書きで行なっていました。
自動日報システムが導入されたことにより乗車地・降車地がGPSデータから自動収集されるようになり、手書きから解放されることで負担が軽減され、営業運転に集中できるという改善です。