全国で8千台突破

JPN TAXIが発売されて、去年の10月で1年が経過したわけですが、販売台数は全国で8千台を突破したということです。
人口もタクシー台数も多い東京がダントツ1位で50%越えの4,600台、2位はクルマ好きなら予測できそうな県(答えはのちほど)で550台ほど、 続いて3位が北海道で450台となっています。

雪の積もる地域でスロープ設置は無理じゃないかとか、屋根代わりになるテールゲートがないと車いすのお客様が濡れるとか、そもそもLPGが入手しにくい地域もあったりと、クリアしなければならない課題は山積のはずですが、それでも魅力ある車なのですね。
続いて神奈川、京都、大阪が200台ほど、千葉、埼玉、静岡、福岡、沖縄も100台以上の実績となっています。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年末までに、福祉タクシー・ユニバーサルデザインタクシーを2万8,000台導入の数値目標があるのですが、このペースでいけば楽々達成・・・と思ったら、目標を4万8,000台に上方修正が決まったようで、それもクリアできそうな勢があります。
(もう一度上方修正とかなると、すごいことです)

宮園も4~5台/1か月のペースで代替えが進んでいますが、どうやら今年の4月にマイナーチェンジがあるらしく、現行モデルの納車は一休みするようなので、若干ペースダウンするんですかね。

導入台数第2位の県は、トヨタ自動車のおひざ元、愛知県でした。
勝手な思いですが、トヨタ車ばかりが走っているイメージがあるので、そう考えるともっと多くても良いかとも思えますが・・・。

2019年の協会活動が始まりました

ドアを開いたタクシーに向かい大麻(おおぬさ)を振るう神職の写真
お祓いを受けるタクシー(ふさふさは大麻(おおぬさ)という祭具で、汚れを払い落とすということです)

平成31年1月10日、東京のへそ大宮八幡宮に於ける「新年交通安全祈願祭」をもって協会の活動が始まりました。
拝殿にて交通安全の祈祷を済ませた後、タクシーのお祓いを受けます。
その後、清涼殿に移動して初顔合わせの会食です。

挨拶する会長の写真
伊澤会長の新年挨拶から始まります

毎年1月10日恒例の行事で、神職からのご挨拶も頂き、1年間無事故かつ健康で過ごせるよう願い、全会員に交通安全木札守が配られました。
お酒も飲む人はクルマを置いて、この日仕事の人はアルコール類抜きで、節度はしっかり守られています 。今年もよろしくお願いいたします。