今年は「鶏飯」で決まりですかネ?

定期総会の時期が近づいてきました。

議案には5月の旅行先の検討があがっていますが、(1)奄美大島と(2)行先未定のバス旅行の2つが候補ということです。

個人的に魅力的なのは、やっぱり鹿児島県「奄美」です。
イメージは、温暖な気候にコバルトブルーの梅、黒糖焼酎、マガキガイ、大島つむぎ、ハブ、マングローブ、そしてやっぱり鶏飯かな!

奄美の宴会って、
ビールで乾杯~トビンニャ(マガキガイ:海底を爪を使ってピョンピョン跳ねる巻貝)が出されると、食べ始めたら止まらない!
ビールから黒糖焼酎に切り代わるころには、早すぎる「おむすび」が登場、これから「ゆっくり飲むぞ!」の意味らしい!?
〆は鶏飯で決まり、こんなイメージですね?
(さっき〆のおむすびが出ているので、いつまで待っても無駄だけど…)

一泊二日じゃもったいない気もしますが、どちらが選ばれるのか、楽しみですね。

でも、奄美でもバス旅行でも、どちらに決まっても外せない仕事がかぶっていて、自分は行かれないのが残念!

2019年の協会活動が始まりました

ドアを開いたタクシーに向かい大麻(おおぬさ)を振るう神職の写真
お祓いを受けるタクシー(ふさふさは大麻(おおぬさ)という祭具で、汚れを払い落とすということです)

平成31年1月10日、東京のへそ大宮八幡宮に於ける「新年交通安全祈願祭」をもって協会の活動が始まりました。
拝殿にて交通安全の祈祷を済ませた後、タクシーのお祓いを受けます。
その後、清涼殿に移動して初顔合わせの会食です。

挨拶する会長の写真
伊澤会長の新年挨拶から始まります

毎年1月10日恒例の行事で、神職からのご挨拶も頂き、1年間無事故かつ健康で過ごせるよう願い、全会員に交通安全木札守が配られました。
お酒も飲む人はクルマを置いて、この日仕事の人はアルコール類抜きで、節度はしっかり守られています 。今年もよろしくお願いいたします。

本年もお世話になりました。

宮園自動車は本日が仕事納めです。
今年も宮園身障二種免協会のウェブサイトからご応募いただき、新たな仲間を迎えることが出来ました。
ハンディキャップがあってもタクシードライバーとして活躍できる自信を胸に、来年も活動を続けてまいります。

協会としての活動は、新年を迎え交通安全祈願祭からスタートします。
皆さん元気にお目にかかれることを楽しみにしています。

良い年をお迎えください。

平成最後の忘年会

あいさつする伊澤会長の写真
伊澤会長の挨拶から始まった

師走が近づくにつれタクシー業界は活気づきます。
お酒の席が増えるこの季節、タクシーを利用されるお客様も増える繁忙期を迎えます。
ですから、私たち身障二種免協会の忘年会は11月に行われるのが恒例で、OBの先輩方も大勢集まっていただき、先週の土曜日(平成30年11月24日)大盛況となりました。

冒頭の伊澤会長の挨拶では「今年は、小泉さんと高橋さんの新メンバー2名を迎えることができ、賛助会員として須藤さんも加わった」と紹介がありスタートしました。
また、第2代会長の島田良三さんからは、作家の影尾光紀さんの力を借りて自伝を作成中との報告があり、完成が楽しみです。