乗降にかかる時間や場所に課題はありますが…

バンクーバーのUDタクシーに乗車している動画です。
他のウェブサイトへの埋め込み再生を所有者さんが停止しているので、本家YouTubeサイトでご視聴下さい。
https://youtu.be/YuiGEnXBNA8

ニューヨークのイエローキャブと一緒の黄色い車体、ステアリングハンドルにトヨタマークが見えていますが、日本では見かけないシエナという車種で、かなり大きなサイズの日本の感覚ではミニとは呼びにくいミニバンです。
現地では30%が車イス対応可能なミニバンタイプで、ホテルから呼べば5分、自宅からでも15分で配車され、後部のスロープから簡単に乗車して、これぞUDタクシーという感じでしょうか。
ちなみに私服姿にポケットに手を突っ込んで降りてくるドライバーも、いかにも西海岸って感じで素敵です。

対する日本のJPN-TAXIがどうかというと、車イスで乗車しようとすると停車場所が広くないとダメだし、操作が複雑で時間もかかるし、ドライバーの不満の高まりだけでなく、実際に車イスのまま乗車するお客様も殆どいらっしゃいません。

でも、JPN-TAXIにも優れた点があります。

カナダのUDタクシーの動画を見て違和感を覚えたのが「車イスユーザーが乗っている位置」です。
同行する男性が会話のために身体をねじって後ろを振り向いている場面がありますが、車イスユーザーの疎外感ったらありません。
四方を壁に囲まれスペアタイヤの横にポツンと押し込められて、荷物扱いを受けている感じがしてしまいます。

対するJPN-TAXIでは車イスユーザーと付き添いが横並びで乗車します。
たぶんトヨタ自動車がやりたかったのは、乗車に手間と時間がかかっても「客室内に乗ってもらいたかった」のではないかと思うし、開発者の粥川チーフエンジニアからもそのような発言があったように記憶しています。

つまり「乗車するとき」と「進行中」のどちら優先するか?! ってことなのでしょうが、年齢・性別・障がいの有無などに関わりなく全ての方に均等に…がユニバーサルの基本となる考え方ですから、理想的なのはJPN-TAXIだと思います。
でも、乗車するときの問題を解決できないと理想だけで終わっちゃいますけどね。

UDマークにも考え方の違いが現れている?

左がニューヨークのUDマークですが「車イスで乗れますよ!」とすぐわかります。
対する右側、日本のは車イスにも見えるしベビーカーにも見える曖昧なマークで、「様々な人に対応できるUDタクシーですよ!」ってことなのでしょうか。
そこまで考えてデザインしたとは思えませんが…

JPN-TAXIを福祉タクシーと考えると、とてつもなく使いにくい悪い評価になってしまいますが、ユニバーサルデザインって車イス乗車も念頭に置きながら、いろいろな方への対応も考えて設計者ければならなず、日本サイズの小さなタクシーで実現するとても難しいことをやっているんですね。

JPN-TAXIの課題の1つが車イス乗降時間

巷では「JPN-TAXIに車イスユーザーが乗車するには20~30分かかる」といわれ、この問題解決に様々な方面からの取り組みがあります。
お盆休み中にYouTubeを見ていて「ジャパンタクシー 車いす乗車5分で出発~スロープ対策~神奈川トヨタ方式」なる動画を見つけました。

  1. スロープを収納袋から取り出し、カラビナを使ってあらかじめ車両側につなぎ、車イス固定ベルトも車両側にSETして置くこと。
  2. 効率の良い導線で、移動距離=時間を短くすること
  3. 両手で出来る作業は一度に両手で行なうこと

生産ラインの無駄を秒単位で省き効率を上げる、トヨタさんらしい発想だと感心しました。が…

腰を屈めてお客様の前を通る導線は、お客様が女性だと嫌がられるだろうな…とか、
腰痛持ちだったら「痛ててっ…」ってなって身動き取れなくなりそうだな…とか考えてしまったのです。

でも、車両の改良を待たずに現行車を使って出来るという点は大いに評価できます。

時間がかかってしまうのは、手順が分からずつまづいて「あれっ!あれっ!!」ってなってしまうことが原因なのを忘れないようにしないといけません。

神奈川トヨタ方式を使わなくても、早い人は5分程度でやってしまう車イス乗車のお手伝いですから、上手く組み合わせると4分も夢じゃないのかもしれませんね。

ところで、この動画シートベルトを通す位置を間違えています。

動画ではアームレストとサイドガード(スカートガード)の間を通していますが、これでは横向きのベルトがお腹を通ってしまい、衝撃が加わったときには腹部圧迫~内臓破裂なんてことにもなりかねません。

車イスの形状はいろいろあるので全てではありませんが、この車イスの場合はサイドガード(スカートガード)の下を通すことで初めて腰骨にベルトが掛かります。
取扱説明書のイラストをUPしておきますので、間違えないように気をつけましょう。